旅行

【道の駅常総】開店前から大行列!大人気メロンパンを実食レビュー

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年に茨城県常総市にオープンした「道の駅常総」。

最近メディアで取り上げられていることも多いので、ご存知の方も多いだろう。

今回つくば市に出かける予定ができたので、ついでにこちらに寄って人気のメロンパンをゲットしてきた。

道の駅常総

都心から高速道路で1時間ほどの「常総IC」の近くに誕生した、道の駅常総。

広大な敷地の中には農産物の直売所はもちろん、常陸牛や海鮮丼を扱うコーナーやオリジナル商品を販売するエリアなど、見どころ満載。

ただ、思っていたほど大規模ではなく、ぐるっと見て回るだけなら1時間あれば充分そうだった。

(個人的には隣接している「TSUTAYA BOOKSTORE」の方がテンション上がった)

食事処は二箇所しかないので要注意。

1階には、オリジナル卵が主役の「TAMAGOYA 常総レストラン」

2階には、茨城グルメが堪能できる「いなほ食堂」。こちらはメディアでも取り上げられていたな。

今回食事をする予定はなかったのでチラッと見ただけだが、「いなほ食堂」は平日にも関わらず、けっこう行列ができていた。

食事目的で行く方は、時間に余裕を持って行った方がいいかもしれない。

ぼくとメロンとベーカリー。

今回のお目当ては、メロンパン専門店「ぼくとメロンとベーカリー。」。

茨城といえば、メロン。メロンといえば、メロンパンだ。

こちらは道の駅の中でも特に人気が高いらしく、平日でも行列ができるほどだとか。

今回無事に購入することができたので、当日の状況や実際に食べてみた感想をまとめていこうと思う。

ぜひ参考までに。

ちなみに隣ではソフトクリームも売っていたが、寒いので今回はパス。

焼き上がり時間

「ぼくとメロンとベーカリー。」の焼き上がり時間はこちら↓

  • 9:00(メロンパン各種)
  • 11:20(メロンパン各種・カレーパン各種・ぼくのいがいメロンパン)
  • 13:20(メロンパン各種)
  • 15:20(メロンパン各種)
  • 16:20(メロンパン各種)(土・日・祝のみ

時間は多少前後することもあるらしいが、この焼き上がり時間を目安に計画を立てるのがよかろう。

我々が訪れた13時台には、メロンパン数種類と超巨大な「ぼくのいがいメロンパン」が販売されていた。

(焼き上がりのパンの種類は異なる場合もあるようだ)

16時代は土日祝のみらしいので、平日に行く人は要注意。

30分前では遅い?確実に買いたいなら早く並べ!

我々が道の駅を訪れたのは、11時半過ぎ。

とりあえずメロンパンを見に行ってみたが、案の定ひとつも残っていなかった。

我々が狙うのは、13:20の焼き上がり。

「30分前に並べば大丈夫かな?」とぬかす夫氏を制し、私は1時間前くらいから様子を見ることを提案。

外で焼き芋を食べたり、中で海鮮丼を眺めたりしながらチラチラ様子を伺っていたが、12:30(つまり50分前)には人が並び始めた。

ちなみに道の駅入り口付近で売られている「つぼ焼き芋(小300円)」は外しっとり、中ほっくりで美味であった↓

まだ数人なので余裕だろうと思いつつも、念の為40分前には列に並ぶことに。

このとき我々は4組目。

そのあともぽろぽろ人が並び始め、焼き上がり30分前には大行列が。

13:00過ぎに来た人たちは、列を見て泣く泣く諦めていたようだ。

ちなみにこの日は平日の金曜日。

平日でこんなに人が来るのだから、休日はもっと早く並ぶ必要がありそうだ。

今回の実体験のみで言うならば、平日は30分前には並んでおきたいところ。

絶対に購入したいパンがあるなら、できれば40分前くらいだと確実かもしれない。

個数制限を設けていないため、大量に買っていく人がいたりすると、その分完売も早そうだ。

1度しか行っていないのでなんともいえないが、絶対に買いたい人はなるべく早めに並ぶことを心がけよう。

実食レビュー

さて、今回我々が購入したのはこちらの4種類↓

  • ぼくのメロンパン:240円
  • ぼくのメロン食パン:500円
  • ぼくのカスタードメロンパン:330円
  • ぼくのクリームメロンパン:350円

この時間帯に並んでいたのは、上記も含めて7種類。

今回買わなかったのは、いもぱんとチョコメロンパン、そして数量限定の「ぼくのいがいメロンパン」。

大きさは普通のメロンパンのおよそ20倍らしいが、本当に大きかった。

ぼくのメロンパン&ぼくのメロン食パン

まずは王道の「ぼくのメロンパン」。(写真上)

購入した翌日に食べたにも関わらず、中はふわふわなまま。

外側はサクッとしているかと思いきや、全体的にふんわりとした食感だった。

(1日経ってるからかも)

ほどよい甘さの、懐かしい感じがするメロンパンだ。

続いて、今回一番気になっていた「ぼくのメロン食パン」。(写真下)

外側がメロンパン仕様になっていて、中は普通の食パン。

と思いきや、どうやら米粉が使われているらしい。

上の方はサクッとしていて、中はふわっとしっとり食感。

個人的にはこちらのメロン食パンの方が気に入った。

リベイクして食べてもおいしいかもしれない。

ぼくのカスタードメロンパン&ぼくのクリームメロンパン

お次はクリーム系二種類。

「ぼくのカスタードメロンパン」は一番人気の商品。(写真上)

上の部分はサクッとしていて、中にはたっぷりとカスタードクリームが詰められている。

甘さは結構しっかりめで、バニラビーンズ入りのカスタードクリームは、ぽってり濃厚。

まるでシュークリームを食べているかのようなメロンパンであった。

小ぶりながらも満足度が高い商品だ。

最後は「ぼくのクリームメロンパン」。(写真下)

これが今回食べた中で、一番メロンを感じるメロンパンだった。

私はちょっと苦手なタイプ。(おい)

メロンアイスとかメロンゼリーとか、メロン風味のお菓子が好きな人は好きだと思う。

しっかりメロンを感じたい人はこちらを、スイーツ系のメロンパンが食べたい人は、カスタードの方を選ぶといいかも。

種類はあまり多くないので、全種類買って食べ比べるのも楽しそうだ。

次行ったときは常陸牛のカレーパンが食べたい。

まとめ

今回は無事にメロンパンが買えて大満足。

とりたてて個性があるわけではないが、よくありがちなパサパサな生地ではなく、1日経ってもふんわりしっとりな食感が良かった。

しばらくは混雑が続きそうなので、確実に買いたい人は、早めに並んでゲットしよう。

ちなみに店内はとても狭いので、大きな荷物を抱えて、あるいはベビーカーを押しながらだと、可動範囲が狭いので大変かもしれない。

レジ袋はもちろん有料なので、たくさん購入する人はエコバックも忘れずに。

駐車場は広さもあって無料だが、平日でも入り口付近は車でいっぱいだった。

遠くの方(TSUTAYA BOOKSTORE側)は空いていたが距離もあるので、近くに停めたい人は待つことも想定した方がいいかも。

まだまだ人気で全体的に混雑しているので、時間に余裕を持って計画を立てることをおすすめする。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
進撃の小人

コメント

  1. […] 【道の駅常総】開店前から大行列!大人気メロンパンを実食レビュー茨城県常総市にオープンした「道の駅常総」で大人気のメロンパン専門店「ぼくとメロンとベーカリー。」。確実に […]