生活

「魯肉飯にはパクチーを」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾には一度だけ行ったことがあるのだが、

マンゴーのかき氷や火鍋がうまかった。

だがしかし。

一番衝撃だったのは、『可蜜達Comida炭烤吐司』のサンドイッチだ。

(こじんまりとした店であったが、台湾では有名らしい。)

ここで食したのは、なんと

<チョコレートと豚肉>のサンドイッチ

(正式名称は忘れた。)

二等兵が旅行のテンションで注文したのだ。

「正気か?」と内心思っていたのだが、

恐る恐るかじってみると・・・

とても美味であった。

ルーローハンはうまい。

さて、魯肉飯(ルーローハン)だ。

台湾の定番料理であるが、食べたことはあるだろうか?

甘辛く味付けした豚肉を、白米にのせたものである。

これがなんとも美味なのだ。

独特の香りが食欲をそそり、ガツンとした味に米がすすむ。

我が家の今日の夕ご飯は、魯肉飯だ。

うまそうであろう。

ポイントは、戻した干し椎茸を刻んで入れること。

※戻した水は煮込むときに使う。

フライドオニオンを入れてもうまいらしいので、

今度試してみたいと思う。

香辛料は欠かせない。

本格派のレシピで使われているのが「五香粉」。

あまり馴染みがないかもしれないが、

これがあるのとないのでは、大違いだ。

小人は香辛料の独特な香りが好きなので、

「五香粉」と合わせて「八角」も使っている。

ダブル使いをすると、さらに異国感あふれる香りになるのだ。

スーパーに売っているので、探してみてくれ。

ちなみに、強い香りが苦手ならば入れなくても問題ないだろう。

ただし、台湾っぽさはなくなるがな。

香辛料が好きな人間は、ガシガシ入れたまえ。

青梗菜ではなく、パクチーを。

豚肉と卵だけでもよいのだが、

野菜も少量のせるのがおすすめだ。

茹でた青梗菜や小松菜などでもよいが、

おすすめは<パクチー>。

クセの強い独特な香りが苦手な人も多いと思うが、

他の香辛料との相性もよいので、魯肉飯にはぴったりだ。

口に入れるとスッキリとした清涼感をもたらしてくるため、

肉の脂が苦手な小人も、最後まで食べ切ることができる。

ぜひお試しあれ。

そういえば。

台湾旅行の話に戻るが、

小人には忘れがたい場所がある。

初めてにも関わらず行ってしまった、

観光客のほぼいない、ディープなエリアだ。

(名前は忘れた)

二等兵とふたり、迷子になった心細さがいまだに忘れられない。

たしかあそこで食べたのが、「魯肉飯」だった気がする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
進撃の小人
タイトルとURLをコピーしました